プチ健康講座

2014.01.01
image
「いつ発生してもおかしくないと言われている新型インフルエンザ。何か対策されていますか? 新型インフルエンザのもとになるとみられているのは世界で流行している鳥インフルエンザです。これが変異して人から人へうつるようになると「新型インフルエンザの発生」となります。
新型インフルエンザが恐れられている理由は主に2つです。1つは、ほとんどの人がそれに対する免疫(抵抗力)をもっていないため、通常のインフルエンザとは比較にならないほど大きな流行になる可能性があることです。もう1つは、鳥インフルエンザが人に対して致死率60%という強い毒性を持ち、かつ、新型に変異してしまう確率が高いということです。
過去の大流行(パンデミック)をふまえると、日本では4人に1人が感染し、64万人が亡くなると予測されています。新型インフルエンザのワクチンができるまでには、発生後半年以上かかるので最初の流行をどう乗り切るかが重要です。今はまず、手洗い、うがいといった感染予防の基本を身に付けることが大事です。また、輸入が滞る事態に備えて、食料や日用品の備蓄も早めに済ませておくと安心です。いざというとき慌てないために、今できる対策をしましょう。」
※パンデミック・・・世界中で爆発的な感染が起きること。
いざというとき慌てないために、今できる対策
1.手洗い、うがいをしましょう。
帰宅後は必ず石けんと流水で手を洗いましょう。手洗いができない出先では目や鼻の粘膜に触らないでおきましょう。
2.食料品、日用品を備蓄しましょう。
パンデミックが起こると輸入の減少や停止が予想されます。保存食やマスク、使い捨て手袋などは2週間分くらい、備蓄しておきましょう。
3.流行地域や人ごみを避けましょう。
鳥インフルエンザが流行している国への渡航は避けましょう。新型発生後は人ごみや繁華街への外出や電車など公共の乗り物の利用を控えましょう。
4.免疫力を高めておきましょう。
できるだけ規則正しい生活をし、休養をとって免疫力を高めておきましょう。
お客様広場・窓口
アクアマジック One-Way
アクアマジック
後払い.comの「後払い決済」とは?

営業カレンダー

  • 営業日
  • 定休日
  • ■本日
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
プチ健康講座 社長のブログ

お問合せ

  • ご意見、ご要望、お問合せ
    • 0120-23-9985
  • 商品に関するお問合せ
    • 0120-09-9850
  • ご注文
    • 0120-80-9383
  • ※受付時間/平日10:00〜17:00