プチ健康講座

2016.11.01

「胃腸の調子はよいですか?」
胃の3大疾患といわれる胃炎、胃潰瘍、胃がん。その中でも最も日常的にみられるのが
胃炎です。胃の粘膜に炎症が起きる病気で、「急性胃炎」と「慢性胃炎」があります。
テーマ胃腸
「急性胃炎」は文字どおり急に起こる胃の炎症です。原因の多くは、食べすぎや飲みすぎ、薬の
副作用や、過度のストレスです。症状としては、みぞおちあたりの痛み、胃もたれ、食欲不振、吐
き気などが多く、さらに、嘔吐、発熱、下血などもしばしば見られます。
暴飲暴食や薬の副作用による場合は、原因を取り除き、絶食をしたり、やわらかい食事をとった
りすることで症状は治まります。ただし、自覚症状は出なくなっても、胃には炎症が残っているの
で、1~2週間は、胃に負担をかけないようにしましょう。
一方、慢性胃炎の場合、胃もたれ、胸焼け、げっぷなどの症状がありますが、急性胃炎ほど強く
ありません。そのため、自覚症状がまったく現れない場合もあり、定期健診ではじめて病気の存
在に気づくことも珍しくありません。原因は、胃の老化やピロリ菌の感染などとされています。
症状に応じて食事療法や薬などで治療します。
胃炎を防ぐには、暴飲暴食を避け、規則正しい食事を心がけ、よく噛んでゆっくり食べましょう。
ストレスも胃炎の原因になるので、休息や睡眠を十分にとることも大事です。

プチ
お客様広場・窓口
アクアマジック One-Way
アクアマジック
後払い.comの「後払い決済」とは?

営業カレンダー

  • 営業日
  • 定休日
  • ■本日
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
プチ健康講座 社長のブログ

お問合せ

  • ご意見、ご要望、お問合せ
    • 0120-23-9985
  • 商品に関するお問合せ
    • 0120-09-9850
  • ご注文
    • 0120-80-9383
  • ※受付時間/平日10:00〜17:00