プチ健康講座

2015.09.04
プチ健康講座Ⅱ 4号

強力な紫外線に注意!
日光を浴びることは、骨をつくるためには必要なことなのですが、紫外線の浴びすぎが、体にさまざまな悪影響をもたらすことがわかってきました。
最近では紫外線が免疫機能を抑制させることがわかってきました。
皮膚には、免疫機能に欠かせない細胞があります。ところが、この細胞が紫外線によってダメージを受けると、免疫機能が正常に働かず、免疫力が低下してしまいます。免疫力の低下は、細菌やウイルスによる感染症を引き起こしたり、がん細胞の増殖をさせるなどの影響を及ぼしたりします。
例えば、背中に2~3時間、大量の紫外線を浴びると、全身的な免疫抑制が起こると言われています。プールや海水浴で全身を焼いた後は、感染症にかかりやすくなっており、口唇ヘルペスなどの感染症を発症することも少なくないです。
紫外線があたる部分に、きちんと日焼け止めを塗ると予防になります。
また、日ざしが強い時は外に出る時間を短くする、夜は早めに休むなど体を疲れさせないようにしましょう!
通常、日焼け止めには、紫外線防止効果を示すSPFとPAの表示がついています。
SPFの数値が高く、PAの+の数の多い方が、日焼け止めの効果は高くなります。
ただし、SPFやPAの値が上がれば、日焼け防止成分が多くなるため、肌のトラブルを
起こすことがあります。そのため、どのような場所・状況で使用するのかをよく考えて、
適切な日焼け止めを上手に使い分けるとよいでしょう。
場所・状況
SPF
PA
日常生活(買い物、散歩)
10前後

屋外の軽いスポーツ、レジャー
10~30
++
炎天下のレジャー、スポーツ
30~50
++~+++
お客様広場・窓口
アクアマジック One-Way
アクアマジック
後払い.comの「後払い決済」とは?

営業カレンダー

  • 営業日
  • 定休日
  • ■本日
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
プチ健康講座 社長のブログ

お問合せ

  • ご意見、ご要望、お問合せ
    • 0120-23-9985
  • 商品に関するお問合せ
    • 0120-09-9850
  • ご注文
    • 0120-80-9383
  • ※受付時間/平日10:00〜17:00